ポケモンGO ミロカロス

ポケモンGO

2019/8/25

【ポケモンGO池袋界隈日記】個体値100バンギラスこんにちは。

今日はポケモンGOに連行・・・。 知り合いに誘われ12時過ぎから16時までの4時間、ポケモン池袋界隈をレイド祭り&コイキング探しに当てておりました。 30℃を超えて熱い中のポケモンGOはアイフォン君もアチチチチになって大変でしたね・・・。 しかし最終的な結果としては歩き回って大正解! 個体値100バンギラスを手に入れた事が今日一番の収穫でした。 個体値100バンギラスをゲットした場所は、あの大学! 池袋駅から徒歩10分くらいの場所だったかな? 立教大学にバンギラス君が湧いていたのでダッシュで向かいました。 ...

もっと見る

金色のガッシュ!

漫画

2019/7/25

【金色のガッシュ!!】16巻(最終巻)の名場面・名台詞を振り返る!(文庫本版)

2001年6月15日に1巻が発売されてから2008年6月23日に完結を迎えた【金色のガッシュ!!】 たまに無性に読みたくなるこの作品を振り返る為の記事です。 ギャグを放り込みつつも、”かなり”泣けるシーンの多い【金色のガッシュ!!】は僕の青春時代の漫画でもあります。 気になっていた方にはこの漫画の魅力を、ガッシュの魅力を伝えれたらと思います。 講談社から全16巻で文庫本版で発売されていますが、筆者が選んだ名場面・名台詞を紹介していきます。 今回の記事では【金色のガッシュ!!】16巻(最終巻)の名場面・名台 ...

もっと見る

no image

漫画

2019/7/23

面白い!絶対に見るべき名作漫画【金色のガッシュ!】まとめ

金色のガッシュ!!という漫画を見たことがありますか? 数々の有名タイトルを輩出している漫画界の中でかなりの名作だったのですが、世代だった人以外は中々知らない漫画だと思います。 金色のガッシュは物語が完結した今でも人気のある不朽の名作です。 ギャグも盛り込みつつ笑いあり、涙あり。 名台詞も多く、何度でも読み返してしまう「金色のガッシュ」の魅力を1人でも多くの方に知ってもらえたらと思います。 この記事は金色のガッシュ!!!記事まとめページになります。 この記事の内容 金色のガッシュって何? 金色のガッシュの名 ...

もっと見る

きまぐれクック

きまぐれクック関連動画

2019/7/21

【きまぐれクック】捌いたら衝撃だった&面白い動画10選①

せーの!でん! 銀色のやつ!!! でお馴染みのYouTuber【きまぐれクック】さんの動画を厳選して内容と共に紹介していきます。 きまぐれクックさんは魚の捌き方や調理動画をメインに投稿されている方ですが、最近ではメディアでの露出も増えてきている人気YouTuberです。 きまぐれクック内で投稿されている、衝撃的な動画を厳選してまとめていきます。 この記事の内容 きまぐれクックさんの、衝撃動画を厳選。 動画の内容と見所を合わせて紹介! 関連記事とHPも紹介します。 ちなみにきまぐれクックさんの動画で良く登場 ...

もっと見る

きまぐれクック

きまぐれクック関連動画

2019/7/21

【きまぐれクック】目が離せない!魚の捌き方&調理動画10選⑤

せーの!でん! 銀色のやつ!!! でお馴染みのYouTuber【きまぐれクック】さんの動画を厳選して内容と共に紹介していきます。 きまぐれクックさんは魚の捌き方や調理動画をメインに投稿されている方ですが、最近ではメディアでの露出も増えてきている人気YouTuberです。 初心者にも分かりやすく魚の紹介をしてくれたり、タメになる事ばかりですので参考にしてみてください。 この記事の内容 きまぐれクックさんの、魚捌き&調理動画の紹介 動画の内容と見所を合わせて紹介! 紹介した魚に関連する記事とHPもご紹介 ちな ...

もっと見る

アナと雪の女王のモデルになったスヴァーバル諸島【世界ふしぎ発見】

投稿日:2019-07-07 更新日:

https://fishidol.com

2019年7月6日の世界ふしぎ発見の舞台はスヴァールバル諸島。

北極圏にあるノルウェー領の群島、スヴァールバル諸島はバレンツ海・フラム海峡・グリーンランド海・ノルウェー海の4つの海に囲まれた島々です。

ノルウェー領でありながら法治国家とは少し違ったスヴァールバル諸島、そこに住む生き物と人々の生活に密着していた世界ふしぎ発見の放送内容をざっくりとまとめていきます。

この記事の内容

  • スヴァーバル諸島はこんなとこ、ざっくり分かる
  • 定住する人々の暮らしが分かる
  • ヨーロッパ諸国の貴族が愛したクジラ肉を食べれるお店の紹介

スヴァールバル諸島はこんなとこ

まず最初にスヴァールバル諸島はこんなとこ!という事で、ざっくりとまとめてみました。

  • ノルウェー領のスヴァールバル諸島は年間平均気温がマイナス7℃。
  • 九州と四国を合わせた領土があり、そのうち6割が氷河に覆われている。
  • バレンツ海・フラム海峡・グリーンランド海・ノルウェー海に囲まれている。
  • 4月から8月まで白夜で日が沈まない。
  • アナと雪の女王のモデルになった。
  • 極地科学研究の世界的な拠点になっている。
  • スヴァールバル協定によりVISA無しで経済活動が出来る。

ノルウェー領でありながら、スヴァールバル協定により法制度や行政機関は本土と異なっています。

氷河に覆われたスヴァールバル諸島

スヴァールバル諸島を船で移動をしていると至るところで数千年前の氷河が姿を現す。
北極の氷は大量の雪が堆積し高い密度の氷になり、太陽の光の反射で青色に見えるそう。

スヴァーバル諸島、一面の氷

光の反射で青く見えるのだ。

 

年間平均気温はマイナス7℃で総面積は60,640km2、人口は約2000人。
九州と四国を足した程の面積があり、そのうち6割が氷で覆われている。

白夜。5か月間沈まない太陽。

白夜

スヴァールバル諸島は4月から8月が丸々白夜である。
太陽が5か月間沈むことがない。

ちなみに5月中旬でもマイナス5℃。

白夜とは

北極点や南極など、緯度の高い場所で起こる現象で太陽が1日中沈まない。

スヴァーバル諸島で出会える動物達

世界ふしぎ発見の放送内では以下の動物たちが紹介されていた。
何れもスヴァールバル諸島で出会える動物達だ。

  • ヴァールバルライチョウ
  • スヴァールバルトナカイ
  • シロイルカ(ベルーガ)
  • アゴヒゲアザラシ
  • ハシブトウミガラス
  • セイウチ
  • シロクマ(ホッキョクグマ)
  • ホンケワタガモ

シロイルカ

幸せのバブルリング、シロイルカ

恐らくテレビ等で見たことがあるであろう、バブルリングでご存知シロイルカ。
別名、海のカナリア。美しい声で鳴くとされている。

アゴヒゲアザラシ

アゴヒゲアザラシ

多摩川のタマちゃんです。

アザラシは3週間で子育てを終えるそうで、1日に母乳だけで3kgずつ成長していくそう。

また、アゴヒゲアザラシの繁殖期は1年に1回。
海の中で20kmも先まで届く歌を歌う。

ハシブトウミガラス

春になるとスヴァールバル諸島にやってくるハシブトウミガラス。

ペンギンはもともと南極ペンギンと呼ばれていたが、ハシブトウミガラスの仲間のオオウミガラスがペンギンの元祖に当たる。
残念ながらオオウミガラスは絶滅してしまったらしいが。

ホッキョクグマ

ごろごろホッキョクグマ

ホッキョクグマはスヴァールバル諸島に約3000頭生息している。
そんなに多い訳ではなく滅多に会えないらしい。

実はホッキョクグマの毛は透明で、白く見える理由は光の乱反射によるもの。

主食のアザラシを求めて1日に70kmを移動する。
海が氷で覆われる時期しかアザラシを捕まえられない為に必死である。
どうしてもアザラシが捕まえられない時にはセイウチを襲う事もある。

スヴァーバル諸島にある街と歴史

今回の世界ふしぎ発見では、動物たちだけではなくスヴァーバル諸島の街と歴史についても取り扱っていた。

世界最北のゴーストタウン ピラミデン

まず紹介されたのは世界最北のゴーストタウン「ピラミデン」

北緯79度に存在するピラミデンには人の面影が無く、スヴァーバルトナカイやカモメが棲みついていた。

既に取り壊されている街に残された新聞には1988年と記されていた。

かつてスヴァーバル諸島は炭鉱で栄えた。
20世紀初頭に石炭が発見されヨーロッパ諸国は次々にスヴァールバル諸島に進出。
旧ソビエト連邦によって開拓され最盛期には1200人の人々が暮らしていた。

しかし街の繁栄は長くは続かず、石炭が獲れなくなると人々は去っていった。

人々が定住する世界最北の街 ロングイェールビーン

人々が離れたピラミデンとは対極的に、今なお人々が生活しているロングイェールビーンという街がある。

約2000人が定住するこの街は協会、学校、スーパーマーケット、ショッピングセンター等全てが揃っている。

スヴァールバル協会

これが協会である。

街で人気のレストラン「KROA」にはアザラシステーキがあり、大人気だそう。

ちなみにその味は牛肉でいうハラミらしい。

スヴァールバル大学センター

スヴァールバル諸島は極地研究の最前線として研究者や学生たちの注目を集めている。
スヴァールバル大学センターには、雪崩の研究をしている者や極地に生息する植物の調査、地理学や生物学を学ぶ人々がいる。

ロングイェールビーンに住む上でのルール

ロングイェールビーンは定住する人々に守らなくてはいけないルールが定められている。
それらは生態系を守る為に重要なルールである。

ルール①街の外に出る際は銃の携帯が義務。

街の外にシロクマが出るため。しかしあくまでも威嚇射撃用、殺した場合、状況によっては重罪になることも。

ルール②猫を飼うのは禁止

野鳥を食べたり生態系のバランスに支障をきたす場合があるから。

スヴァーバル条約と、1600年代の捕鯨について

最後にスヴァーバル条約と、クジラ・捕鯨に関して紹介していく。

スヴァールバル条約で自由に経済活動可能

世界ふしぎ発見スタッフがインタビューをした中で、スウェーデン人の青年がいた。

スウェーデンから来た彼はホテルスタッフをしており、スウェーデンの倍近く稼げる事と、スヴァールバルでの暮らしが気に入り3か月のつもりが3年半も暮らし続けているそう。

1920年に制定されたスヴァールバル条約により、ノルウェー領でありながら45か国の人々(日本も含む)はVISA無しで自由に経済活動ができるのだ。
極北なので物価は高めなのだが、チャンスを掴みにいくにはうってつけなのかもしれない。

スヴァーバル条約について

+ クリックして下さい

スヴァールバル諸島は20世紀初頭までに、ノルウェーだけでなく、ロシア帝国を含むヨーロッパ各国やアメリカ合衆国が探検や領有権主張、石炭採掘などを行った。こうした歴史的経緯から、条約はノルウェーの領有権を認める一方で、ノルウェーの法律を全ては適用せず、全ての加盟国は等しくこの島で経済活動を行う権利を有すると規定した。また、スヴァールバル諸島を非武装地帯として軍事活動を禁じた。このため第二次世界大戦中を除いて、軍隊は駐屯していない。

条約加盟国の国民は、ノルウェーの入国管理や税関の審査を受けず、査証無しで入島できる。また徴収された租税は諸島内だけで使い、ノルウェー本土への流用を禁じている。

原加盟国はオーストラリア、カナダ、デンマーク、フランス、インド、イタリア、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、南アフリカ、スウェーデン、イギリス、アメリカ。1924年にソ連(現ロシア連邦)、1925年にドイツが加盟した。現在の加盟国は40を超えるが、実際に諸島で経済活動を行っているのはノルウェーとロシアのみである。

引用:Wikipedia

1600年代の捕鯨活動と美味しいクジラ肉

1,600年代、ホッキョククジラを対象に捕鯨をしていたヨーロッパの人々。
基本的にはランプの原料となる鯨油が目的で、クジラ肉は捨てていたそう。

そんな中、1,600年代の貴族が唯一食べていたクジラの希少部位がある。

 

その部位がさえずり(舌)。

日本ではお刺身やおでんの具にされている部位です。

くじら専門店。神田「くじらのお宿 一乃谷」

最後に、くじらの美味しいお肉が食べれるお店の紹介。

くじら専門店 神田「くじらのお宿 一乃谷」

世界ふしぎ発見でも最後のQuestionでこのお店の店員さんがくじら肉を紹介されていました。
鯨のお刺身からステーキ等、自慢のくじら料理が食べれるそう。

関連ランキング:くじら料理 | 神田駅小川町駅淡路町駅

 

是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

アナと雪の女王のモデルになったスヴァーバル諸島【世界ふしぎ発見】 まとめ

  • スヴァーバル諸島は白夜が5カ月、平均気温マイナス7℃の世界。アナ雪の舞台。
  • スヴァーバル諸島はかつて炭鉱で栄えていて、今は自由に経済活動が出来る地域。
  • 美味しいクジラ肉を食べたい方は是非、【くじらのお宿 一乃谷】へ。

スヴァールバル諸島はほとんどの人が一生の内に一度も行くことがないでしょう。
それこそ目的を持って行かない限りはノルウェーや北極ツアーを優先してしまうでしょう。

しかし、極地科学研究の最重要拠点でもあり、さらには世界中の種子を保存しているスヴァールバル世界種子貯蔵庫があったりするこの土地は我々一般人が思っているよりも世界にとって大事な場所なのかもしれません。

 

-世界ふしぎ発見
-,

        

Copyright© おまいつブログ。 ~魚とバラエティ時々アイドル~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.